医師の判断と技量が重要|下肢静脈瘤はレーザー治療で治せる

病院

大腸のがんが飛び火すると

病棟

大腸がんの転移は肝臓や肺に多く見られます。このいずれかの場合は、手術又は化学療法を行います。また確率は低いものの、脳や骨に転移することもあり、脳の場合は放射線治療、骨の場合は化学治療と痛みのケアが中心となります。また腹膜幡種といって、がん細胞が腹腔内に散らばった時も化学治療がメインになります。

View Detail

腫れは重大疾患の可能性も

医者

甲状腺の役割は、ホルモンの生成です。栄養素のエネルギー変換や成長を促す重要なホルモンです。甲状腺が腫れた状態が続く場合、バセドウ病や橋本病、腫瘍の可能性があります。甲状腺科や分泌内科、または内科にかかって治療を行ってください。

View Detail

レーザー治療が主流

先生

血管が太くなっていると

下肢静脈瘤はレーザーを用いてこぶができた静脈を焼きつぶしてしまう方法が一般的ですが、このレーザー治療が行えない下肢静脈瘤もあります。大阪でもほとんどの人たちがレーザーで治療を行っていますが、レーザーが使用できない人たちは一昔前の手術によって治療を行っています。保険が適用されているレーザーを使って治療が可能なのは、太さが10ミリ程度の太さだと基準ができています。ですから10ミリを大きく上回っている血管になっているときには、このレーザーが使用できず従来の方法である血管を引っこ抜く方法がとられています。また保険が適用されていないレーザーを使用して治療を行っていくこともあります。大阪でも保険適用でないレーザーを使って治療している人もいます。

レーザーが使用できない時

血管がどのような形で蛇行しているかによっても、レーザーが使用されないことがあります。カテーテルが挿入できないほど入り組んで血管が蛇行しているときなどは、レーザーによる治療を行うことが不可能になってきます。血管が固まりやすい状態であったり特定の薬品を使用していたり、アレルギーがあって麻酔の使用が制限されるときにも、レーザーでの治療ができません。下肢静脈瘤の治療を行うときには医師の判断と技量が重要になってきます。大阪でも多くの人が医師と協力し合って下肢静脈瘤の治療を行っていて、その症状が改善した人が大阪には多くいます。下肢静脈瘤はレーザー治療が選択できるときとできない時がありますので、医師の説明をよく聞きそれを理解して治療にあたるようにしてください。

疲れが取れない原因は

女性

慢性疲労症候群を放っておくと、多くの場合で合併症としてうつ病を発症してしまうと言われています。軽度の場合でも「がまんすれば動ける」と症状を放置せずに、病院で検査を受けて適切な治療を受けるようにしましょう。

View Detail

Copyright© 2016 医師の判断と技量が重要|下肢静脈瘤はレーザー治療で治せるAll Rights Reserved.