医師の判断と技量が重要|下肢静脈瘤はレーザー治療で治せる

病棟

疲れが取れない原因は

女性

何をしても疲れが取れない

しっかりと睡眠や休息をとっても疲れが全く改善されないから病院で検査をしてみても、原因がわからない。その症状が6か月以上続いているものを慢性疲労症候群と言います。身体を動かすのが辛い、何とか動かせる、というものから、寝返りを打つことさえできないレベルのものまで、慢性疲労症候群の症状は幅広いものです。アメリカでは10人に1人が慢性疲労症候群だと言われていて、日本でもその患者数は増える傾向にあり、人口の約0.3%、38万人以上の人が慢性疲労症候群だと言われています。徐々に認知されつつある症状ですが、他の様々な病気と同じ症状が出ることも多いので小さな病院では誤診してしまうことも多くあり、専門医や大きな病院での検査が必要となります。

症状の特徴は

慢性疲労症候群の主な症状は、発熱や喉の痛み、頭痛、疲労感、筋肉痛、不眠症や過眠症と言った睡眠障害など、様々なものがあります。慢性疲労症候群の原因は明らかになっていませんが、様々な要因でたまったストレスが引き金となり、ホルモンや神経、免疫のバランスが崩れてしまうことが大きな原因だと言われています。こだわりが強い人やストレスをため込みやすい人が発症しやすいとも言われています。原因がわからないと言っても治療法がないわけではなく、その症状に合わせた治療法があります。どれだけ寝ても、生活習慣を改善してみても、極度の疲労感が全く改善されないと言う場合は、慢性疲労症候群の可能性もあります。病院での治療を行うようにしましょう。

Copyright© 2016 医師の判断と技量が重要|下肢静脈瘤はレーザー治療で治せるAll Rights Reserved.